温泉学会では、年1回、学会誌 温泉研究を発行しています。 通常、秋の大会にてお渡ししておりますが、出席されない方にも郵送しています。 (会員は全員一人1冊) 1年間の大会内容と時事の話題、温泉紀行文学などを収録しています。 全国各地の一部の温泉施設などでも販売しておりますが、一般の方は事務局あてお問合せ下さい。

 学会誌「温泉研究」は、頒価1,000円(税込)です。 頒価のほかに送料215円(重さ250gまで)が別途かかります。 ご希望の方は、温泉研究ご注文フォームよりお申し出下さい。

※バックナンバーのお問い合わせも温泉研究ご注文フォームからお願い致します。

温泉研究 第16号

温泉研究第16号 令和2年8月31日発行

2019年8月31日発行

内容

●巻頭言
        温泉学会 会長 藤田勝利

●第23回兵庫・城崎温泉大会報告

 基調講演 「城崎温泉の歴史と風土」

      西村屋会長 西村 肇

・パネルディスカッション テーマ「外湯巡りと温泉文化」

温泉学会関西支部長 宮本博美 城崎温泉観光協会長 原 良式 若旦那の会 片岡大介 系谷 瞳 城崎町湯島財産区議会議長 田岡 茂 

・現地報告

「兵庫県のツーリズム施策」 兵庫県産業労働部 観光振興課長 井川史彦  
「豊岡の大交流戦略」 豊岡市観光経済部 大交流課長 谷口雄彦
 ・  

●論文

空港の自然災害被害の影響とリスクマネジメント─関西国際空港を事例に─ 和歌山大学大学院観光学研究科博士後期課程 加里本敏恵


●報告

会員総会・支部会報告   ほか

A4判 124ページ