温泉学会へようこそ! 温泉学会は利用者を含め、温泉に関わる全ての人に開かれた学会です。あなたも是非ご参加下さい。

学会誌 温泉研究

温泉学会では、年1回、学会誌 温泉研究を発行しています。 通常、秋の大会にてお渡ししておりますが、出席されない方にも郵送しています。 (会員は全員一人1冊)
1年間の大会内容と時事の話題、温泉紀行文学などを収録しています。
全国各地の一部の温泉施設などでも販売しておりますが、一般の方は事務局あてお問合せ下さい。

 学会誌「温泉研究」は、頒価1,000円(税込)です。
頒価のほかに送料215円(重さ250gまで)が別途かかります。

ご希望の方は、問い合わせフォームよりお申し出下さい。

※バックナンバーのお問い合わせも問い合わせフォームからお願い致します。

温泉研究 第15号

温泉研究 第18号

温泉研究 第18号 2018年9月1日発行

2018年9月1日発行

内容

●巻頭言
竹下賢会長を偲ぶ

        温泉学会 副会長 藤田勝利

●特別追悼

●第22回新潟・五頭温泉郷大会報告

基調講演
「五頭温泉郷の放射能温泉」

   新潟大学名誉教授 島津光夫

 

・パネルディスカッション
テーマ「健康長寿と温泉」

新潟大学名誉教授 島津和夫
脳神経センター阿賀野病院 院長 近藤 浩
五頭温泉郷旅館協同組合 理事長 荒木善紀
温泉学会 副会長 大川哲次

・現地報告

五頭温泉郷の若女将らによる現地報告

出湯温泉 国登録有形文化財の宿 清廣館 清野典子
今板温泉 山の馴染みの一軒宿  湯本館 永松祥子
村杉温泉 風雅の宿       長寿館 荒木咲子

●論文

関西3空港の運用とアクセスが温泉地に及ぼす影響 ~有馬温泉を事例に~
和歌山大学大学院観光学研究科博士後期課程 加里本敏恵

●エッセイ

初めて母と訪ねた心に残る温泉
信州・湯田中温泉「一茶のこみち 美湯の宿を訪ねて」
温泉学会 副会長 大川哲次

●報告

会員総会・支部会報告   ほか

A4判 105ページ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 温泉学会 All Rights Reserved.