第25回鹿児島・指宿温泉大会開催について重要なお知らせ

温泉学会 会員の皆様へ

 この度は、温泉学会 第25回鹿児島・指宿温泉大会へご関心をお持ちくださり、誠にありがとうございます。

ニュースレターおよびホームページで今回の大会についてご案内しました通り、この大会が多くの皆様にご参加いただき、盛会になることを期待して準備を進めております。

1年遅れの東京2020オリンピックも何とか終わり、中断していたプロ野球が再開されました。しかし感染力の強い変異ウイルスの「デルタ株」の拡散に伴い新規感染者数が爆発的に増加し、首都圏以外でも広く緊急事態宣言が発出され、まん延防止等重点措置の対象地域の拡大適用もなされましたが、ほとんど感染抑制の効果が出ておりません。

重症化の抑制と予防効果が期待されるワクチン接種(2回目)は65歳以上の高齢者については80%超となり、総接種数もようやく30%超となりましたが、64歳以下ではまだ10%程度のため欧米のように希望者が随時接種できるようにワクチンの確保がなされる必要があります。政府は8月末までに総接種数の40%の接種を目指しており、これが実現すると感染抑制の効果が出てくると期待しております。

824日から95まで東京2020パラリンピックの開催が予定されており、これが実施された場合のコロナ感染がどうなるか予想がつきませんが、新規コロナ感染数が制御しがたいほど増加し、ロックダウンに相当するような全国的緊急事態宣言の発出などにより厳格な対策が政府および鹿児島県により講じられる場合には、学会開催を中止せざるを得ない可能性もありうると懸念しております。

ただ、現時点では、鹿児島県の新規感染者数は1200未満ですし、会場の「指宿白水館」はコロナ感染対策を十分にしていると下見の時に確認しておりますので、これから10日間の状況の変化を踏まえ、本大会の開催につきまして、825日に理事会および実行委員会をZoomで行い、開催か中止または延期の決定をいたしたく存じます。

すでに、ご参加をお申し込み下さった皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、新たな決定のご報告が遅延しますことをお詫び申し上げますとともに、早い時期に皆様とお目にかかって温泉学会を開催できることを切望いたしております。

今しばらくのご猶予をお願い申し上げます。

                  実行委員長 茶山 健二