温泉学会大会について



  温泉学会では、毎年、春(3月上旬)と秋(9月上旬)の2回の大会を開催しています。 
温泉学会の大会は、会員に限らず、どなたでもご自由に参加する事ができます。
大会は、全国の温泉地の中から大会テーマに合った温泉地を選び、地元の皆さんのご協力のもと開催しております。 温泉地の選出に当たりましては、東日本と西日本に分けて毎回交互に選出しております。

 大会日程は2日間で、各回のテーマに沿ったプログラム構成になっており、通常、1日目に、基調講演、現地報告、シンポジューム、さらに秋の大会では会員総会と続き、2日目が自由論題報告と源泉視察を含むエクスカーションになっています。
2日目の自由論題報告は、会員の皆さんが日頃の研究の成果を発表して頂ける場としてご活用頂いています。 これまで、温泉地の歴史、泉質、浴槽、海外温泉事情、湯治、温泉法、防災・・・など様々なテーマでの発表がありました。
発表は会員だけの特権ですので、是非この機会に他の皆さんの前でユニークな発表をして下さい。

 温泉学会は、温泉をこよなく愛する人々が利用者や事業者、専門家や研究者の立場を越えて、その育成と保全のために勉強する機会を得ていただくことを希望しています。そういう意味からも、大会において、開催地の温泉を楽しみながら、温泉旅館主を含む会員同士の親睦を計っていただくことも、本学会の醍醐味となっております。
皆さんのご参加をお待ちしております。

大会Q&A

Q1 温泉学会の大会は誰でも参加できますか?
どなたでもご参加頂けます。 大会は2日間の会期となるため、全日程ご参加の場合は宿泊が必要となります。 基本的に宿泊は各自手配が原則ですが、大会は開催地のご協力のもとで行っておりますので、宿を探されるのは難しくないでしょう。
Q2 参加費用はいくらですか?
基本的に参加費は戴いておりません。 但し、資料代としていくらか戴く場合もあります。 参加費については、事前に告知(ホームページなど)にてご確認下さい。 また、参加無料は現時点での事です。 将来、参加費を必要とする場合があるかも知れません。 都度その大会での告知情報が優先されます。

Q&Aの最終更新日 : 2016-09-11