温泉大好きの私たちは近年、自然の摂理に反し、天与の恵みである温泉を乱掘・乱用した結果、未曾有の危機を招いております。今こそ温泉に対する広く正しい知識を集約し、言うべきことをはっきりと言わねばなりません。私たちの生活文化を原点から問う温泉文化、現代医学の先端と温泉との相乗効果を科学的に究明することなど”文理融合”の「温泉学」が切望されています。
 業界の一部が、経済的繁栄と我田引水の利権・利潤追求のみに走り、真に温泉を愛するひとびとの気持ちをないがしろにしてきた結果が現状を招いたのです。そこから甦生する道は、チェック機能を持つ温泉行政の確立は勿論、利用者と関連事業者がともに温泉の広く正しい知識を、開かれた場でお互いに確認しあって改善へと前進することです。そのことが業界や地域の利益にもつながるのです。
  温泉学会はその使命を果たすために設立されました。本学会は、太陽・水・空気・環境と同様に温泉もまた、かけがえのない天然自然・人類の尊い生命として頂戴しているこころを持って、広く衆知を深め、病める現代社会の蘇生に寄与することを念願いたします。


温泉学会会長  竹下 賢

 

本部事務局

〒564-8680

大阪府吹田市山手町 3-3-35 

関西大学法科大学院 竹下研究室気付

TEL077-558-3131  FAX077-558-2698     E-MAIL:info@onsen-ac.org

 

本部事務局

〒564-8680

大阪府吹田市山手町 3-3-35 

関西大学法科大学院 竹下研究室気付

TEL077-558-3131  FAX077-558-2698 E-MAIL:info@onsen-ac.org


写真 2013-08-01 11 31 14.jpg